Outer Zone

杉沢村伝説

青森県にあったとされる村の都市伝説。昭和初期、一人の村人が突然発狂し村民全員を殺して自らも命を絶つ、という事件が起きた。誰もいなくなった村は隣村に編入され廃村となり、地図や県の公式文書から消去された。しかし、その廃墟は悪霊の棲み家となって現在も存在するという。
村への道筋には以下のようなサインがあるとされる。
・村へ向かう道路に、ここから先へ立ち入る者命の保証はない、と書かれた看板がある。
・入口に朽ちた鳥居があり、根元にはドクロのような岩がある。
・奥へ進むと廃墟と化した住居があり、惨劇を物語る血痕のようなものが見られる。
出典:Wikipedia該当記事_2020/04時点
詳しく見る
×

同じカテゴリの記事

よく閲覧されている記事