Outer Zone

ホープダイヤモンド_持ち主を破滅させる呪いの宝石

持つもの不幸にするという、呪いの伝説があるブルーダイヤモンド。
例えば、1700年代後半にこれを所持していたルイ16世と王妃マリー・アントワネットはそろってフランス革命で処刑された。その後も所有者を転々とするが、その多くが誹謗の死を遂げたという。現在は国立自然史博物館(スミソニアン博物館)に所蔵されている。
出典:Wikipedia該当記事_2020/04時点
詳しく見る
×

同じカテゴリの記事

よく閲覧されている記事