Outer Zone

インドの魔術師_数学者ラマヌジャン

インドの魔術師のと呼ばれた数論を専門とするインドの数学者。極貧のバラモン階級の家庭に生まれ、高校では全科目成績が悪かったが15歳の時に「純粋数学要覧」に出会ったことで数学に没頭するようになった。奨学金で大学に入学したが、数学に没頭するあまり他の講義に出席しなくなり退学。その後も独学で研究を続け、成果を記した手紙を何人かの教授へ送ったところ、ケンブリッジ大学へ招聘されることとなる。「擬テータ関数」など数々の重要な数学的発見を残したが、病気を患い32歳の若さで死亡した。
出典:Wikipedia該当記事_2020/04時点
詳しく見る
×

同じカテゴリの記事

よく閲覧されている記事