Outer Zone

大口病院連続点滴中毒死事件

2016年9月に発覚した、当時勤務していた看護師が患者の点滴に消毒液ヂアミトールを投与し中毒死させた事件。加害者は「入院患者20人ぐらいにやった」「自分の勤務時に患者に死なれると、家族への説明が面倒だった」「患者が亡くなったときに同僚から自分の落ち度を指摘されたことがあり、それ以来、勤務時間外に死亡させることを考えるようになった」「混入を繰り返すうちに感覚がマヒしていった」などと供述した。多くの被害者が想定されたが証拠がすでに消滅していたため、起訴内容は3人の殺人罪と5人の殺人予備罪となった。
出典:Wikipedia該当記事_2020/04時点
詳しく見る
×

同じカテゴリの記事

よく閲覧されている記事