Outer Zone

日本航空123便墜落事故

1985年8月に起きた、日本で最も多くの死者を出した航空事故(2019年時点)。JAL123便が群馬県の高天原山に墜落し、乗員乗客524名のうち520名が死亡した。この便へ搭乗した著名人も多く、坂本九などが犠牲となった一方で、明石家さんまなど難を逃れた人物もいた。
詳しく見る
×

同じカテゴリの記事

よく閲覧されている記事