Outer Zone

脳梗塞で入院した_意味がわかると怖い話

32歳のある日、俺は脳梗塞で入院したんだ。
俺の担当医の先生は毎日優しく話しかけてくれて、俺の世間話にもよくつきあってくれるんだ。
先生は腕もピカイチらしく、人もよくて、そのうえ容姿もカッコイイらしい。まさにスーパードクターだ。
そんな噂もあったので、「すぐに手術お願いします」って言ったよ。

無事手術終了。
でも、おかしい。なにかがおかしい気がする。
見えてないんだよ。目が。
それで俺は先生に言い寄ったよ。
「なんですかこれは。何がスーパードクターだ!人をバカにしやがって!慰謝料払えよ!」って。
まあ今思えば言い過ぎかもしれない。
なんせ俺の病気は、普通の医者では治せないようなものだったらしいからね。
でも、俺は泣いたよ。涙枯れるまで泣いた。
だって、結婚してまだ2年の嫁さんの姿も、これから生まれてくる子供の顔ももう見れないんだから。

それから一週間して、またそのドクターのとこに行ったんだ。いくらなんでも言い過ぎたと思って。
「治してもらったのにあんなことを言ってしまって、すみませんでした」
俺はすぐ謝った。
それから5秒間の間。

そしてドクターが、泣きながらこう言ったよ。
「いや、私こそすまない…。完全に治すことは出来なかったみたいだね…」
本当にドクターはやさしいなと思ったよ。
そして俺は、はにかみながら言ったんだ。
「命に比べたら、目が見えなくなったからってどうってことないですよ」って。
そしたら今度は、すかさずドクターが言った。
「ほら…ほらね…やっぱりまだ治ってないんだね…すまない…」って。

俺は気づいた。俺はなんて重大な勘違いをしてたんだと。
俺は思った。ドクター有難う。謝らないといけないのは僕の方です。
そして、一番優しいのは、こんな俺と結婚してくれた妻なんだと。

同じカテゴリの記事

よく閲覧されている記事